意識高い系本屋

 

Sponsored Link

 

 

意識高い、意識低い、なんて言葉がある現代。「常に意識を高く保っていなければならない」なんて思ってる人は多いでしょう。

意識を高く保つには、意識の高い本を読むのがなによりも大切。

 

そんなわけで、さあようこそ。

 

意識高い系本屋へ

 

意識高い系本屋=俺の本棚。てわけで自分の本棚を紹介します。これは高いですよ。思いっきり高い系です。

 

f:id:gevvoihorry:20150112174446j:plain

 

まずなんて言っても積み上げが高い。

 

f:id:gevvoihorry:20150112174540j:plain

 

天にも昇る(天井にも届かんとする)高さです。

 

f:id:gevvoihorry:20150112174745j:plain

 

ふもとはこんな感じ。

 

いや、高いですね。意識の高さが積み上げに出ています。これぞ意識高い系の典型例。

高いことでは負けませんよ!!

 

☆☆☆

 

えー、せっかくなんで、本棚に入ってる本でオススメの高い系を紹介しましょう。

この本棚は浅知恵の宝庫ビジネスアイディアの宝庫ですからね。意識を上げる本、ベスト6を紹介します。

 

第6位

経済ってそういうことだったのか会議

意識を高くするのは、まず経済の仕組みをしることが大事。

この本を読めば簡単に深く分かります。

中学生のときに読んでおきたかった1冊ですね。

 

第5位 

フリーエージェント社会の到来

急速にフリーランス化がすすんでいる昨今。世の中はこの本に書かれてる通りになってきてると感じます。

未来の働き方を見つけたい人、またフリーランスへの転向を考えてる人には必読の1冊ですね。

 

第4位

はじめの一歩を踏み出そう

起業するならまずこれを読むべき。

しょーもない個人事業主で終わらないためにも、起業前に読むのがいいでしょうね。

 

第3位

渋谷ではたらく社長の告白

ベンチャーのバイブルとも言うべき1冊。ビジネス書でもあると同時に青春小説としても面白い。

この本を読んで藤田さんのファンになりました。意外と笑いどころが多い。

 

第2位

君がオヤジになる前に

20代前半、遅くとも30歳になる前に必ず読んだ方がいい1冊。

思考停止しないためにも、これはオススメです。

 

そして第1位は、、、

 

 

カイジで有名な福本先生が書いた麻雀漫画。「アカギ」はこの「天」で生まれたキャラクターであることは、意外と知られていない。

そのアカギが死ぬ、天のラスト3巻(16〜18)が最高にオススメ。

麻雀を知らない人、それまでのストーリーを知らない人でも読めるので、是非読んでいただきたいです。

人生とはなにか、生きるとはなにかの答えがここにある。

 

タイトルが「天」なだけに、これが高い系の最高峰であることは間違いない!!