特技

 

Sponsored Link

 

 

こないだ喫茶店に入ったら、横の席の人が熱心に履歴書を書いてたんですよ。

で、そのときに思ったんですけども、履歴書の「特技」の項目っていらなくないですか?

 

確かあれ、趣味と特技が同じ欄ですよね。もう趣味だけでいいでしょう。

だって特技ってハードル高すぎですもん。

 

例えば自分が履歴書を書くとして、特技ってすごい悩みますね。

趣味はビリヤード。じゃあ特技もビリヤードかっていうと、そんなことはない。

一般人よりは上手いけど、特技っていえるほど上手くはない。むしろ同じビリヤードプレイヤーに、「僕の特技はビリヤードです」なんて言ったら鼻で笑われますよ。だからまず書きません。

 

自分が人より圧倒的に上手いことといったら、これ窓拭きで間違いないんです。だって青春を費やしてるし、独立して会社も経営してるくらいですから、得意なのは間違いない。全国で500番以内には絶対入るでしょう。

でもこれが特技なのかって言われるとそんなことはない。自分にとっては特技じゃなく仕事ですからね。窓拭きとは書けません。

 

じゃあなにか。人より優れているのは速読だと思っているんですが、これも書くのはためらいます。

今日までの人生、自分より読むのが速い人に会ったことないですが、そもそも絶対数が少ない。

結構親しい仲でも、相手の読むスピードなんて分かりませんからね。自分は速いと思ってますが、これも思い込みなのかもしれません。

不確かなことは特技ではないでしょう。

 

で、もうこうなるとあれしかないんですよ。スーパーファミコン版のマリオカート。これ冗談でもなんでもなく得意なんです。

このソフトが発売されたのは自分が小1のとき。で、これを中3までやりこんでました。しかも普通のレースではなく、バトルゲームっていう、お互いの風船を割りあうゲームを。

だからスーパーファミコン版マリオカートのバトルゲームならば、まず誰にも負けない自信があるんです。当時のやりこみ仲間を除けば、そうは負けません。赤甲羅も普通に避けれる腕前ですからね。これ分かる人には分かるでしょう。

これ、これこそが正真正銘の特技なんです。自分の特技といえばこれしかない。

でも、やっぱ履歴書には書けません。

 

だってマリオカート書いたら落ちるでしょ

 

結局書ける特技なんてそうそうないんです。だから特技の項目自体いらないと思います。