テキストゆえのすれ違い

 

Sponsored Link

 

 

わたしの会社「コラッピ」は、連絡のほとんどがテキストです。まあLINEだったりカカオトークですね。

相手が横にいても、お互い集中してるときはLINEを送ってる、そんな環境なんです。

 

電話でなくてテキストメインの会社はもちろん、友達同士でもそれが多いと思いますが、テキストはあれなんですよね。

 

誤解が多いでしょう

 

勘違いして喧嘩になるケースが、うちの会社でも多々あります。

これはもうテキストの欠点でしょうがないんですよね。

 

喧嘩にこそならなくても、ニュアンスが伝わらなくて四苦八苦することがあります。

そういうときは電話、なりし会うのが一番です。早め早めにそうすれば、とりあえず大事にはなりませんから。

 

うちの会社だと、一度痛恨のすれ違いがありました。これもテキストゆえに。

 

コラッピブックがテレビで紹介されることになり、まあ反響に関しては半信半疑で待ち構えてました。

で、当日の朝、たしか7時前の放送だったんですが、わたしは生で見てたんです。

そしたら放送が終わらないうちから連絡が殺到しました。メールボックスが尋常じゃない勢いで埋まっていったんです。購入やら問い合わせの数が半端なかった。

 

速攻で対応してたんですが、1人ではどうすることも出来ません。

パートナーである西村(コラッピ副社長)が会社にいなくて、完全にキャパオーバーになってました。

(1人で大丈夫だと舐めてたんですw)

で、なんとかLINEで連絡したんですが、そこで痛恨のすれ違いが。

 

俺「西村なにやってんだよ」

(この連絡の数だけど、どうやって分担してく?)

 

西「ごめん。まだ見てないわ」

(まだ放送見てない)

 

俺「いや、見ろよ」

(早くメールボックス見ろ)

 

西「あとで見るわ」

(録画してあるから後で見る)

 

俺「んなこと言ってる場合か!」

(早く対応しろよ)

 

西「そんなに怒るなよ」

(生で見なかったからって起こるなよ)

 

俺「アホがー!!いいからパソコン見ろ!!」

 

西「おおおおお!!」

 

なんていうアホなやり取りがありました。

 

いや、大事なときは電話ですね。