親父のこと思い出して寝れん

 

Sponsored Link

 

 

これを書いてるのは深夜1時。メメントモリさんのサイトを見てたら、自分の父親のことを思い出しました。そしたら寝れん。。

(このサービスは超素敵)

 

父親が死んで、もう10年くらいになります。わたしが19歳のときに亡くなりました。

かなり歳の差がある親子だったので、父親が生きてたら83とかですね。50歳以上歳の差があったんですよ。

 

50過ぎての初めての子だったんで、周りが引くぐらい溺愛された覚えがあります。

で、わたしもそんな父が大好きでした。いつも一緒だったし、寝るときも母でなく父と一緒でした。

 

そんな父が死んだときのショックは、あれですよ

 

語彙力がないので上手く言えないですね

 

あえて言うなら「冷たい」んです。

亡くなったあと、火葬まで2日間ほど家のベットにいたんですが、触るとものすごく冷たいんです。

ああ、死ぬってこういうことなんだなって思いました。

生きるっていうのは体が熱を持つことで、死ぬっていうのは、その熱がなくなることなんですよね。

 

今もしも父親に会えるとしたら、「死ぬの早すぎだろ」って言いたいです。

俺もそうだけど、弟はあのとき16だぞ、いくらなんでも早すぎだろって責めたてたいですよ。

まだ酒も一緒に飲んでないのに、そのフライングは反則だろと。

 

聞きたいことは山ほどあったし、仕事についても教えてもらいたかった。

ずっと背中を追いかけてるのに、死んだから追いつけんじゃないか。

卑怯だぞ。

 

おかげさまで残された家族はみんな元気だから、当分会えないな。

寂しいだろうが1人でやってくれ。

 

てか親父よ、知ってるか。

 

家族増えてるぞ

 

堀口家の人口は増えてるから安心しろ。んじゃおやすみ。