感性を完成させよ

 

Sponsored Link

 

 

自分の感性に沿って生きるのって、すごく大事だと思います。最近特にそう思うようになりました。

日々の生活のなかで、違和感を感じるときってあるじゃないですか。

これなんか変だぞ?俺、なんでこんなことやってるんだろう?みたいなときですよ。

そんな風に違和感を感じるのは、自分の感性に沿ってないからだと思います。

 

身近なところでひとつ例を上げると、わたしは満員電車に乗ってるときに、半端ない違和感を感じるんですよね。これ絶対におかしいだろうと。

どうやっても、あれに我慢して乗ろうとは思いません。たまーになんかの都合でだったらしょうがないですが、日々のルーティンには決して入りません。会社の近くに引っ越すか、出社時間をズラします。

あれは自分の感性にないものなんですよ。

 

で、この感性ですが、これは子どもの頃、少なくとも中学生くらいまでに養われるものだと思います。大人になってから変えるのは無理でしょう。

よく言う生理的に無理っていうのも、この感性が合わないからではないかと、今書きながら思いました。

うんうん、多分そうでしょう。そうに違いない。

 

最近、わたしは考え方だったりが、どんどん中学生の頃に戻っていってます。

普通に働くようになって、いわゆる社会常識みたいなものを身に付けていきましたが、今にして思えば、あれは自分の感性を鈍らせてたなと反省しています。

 

周りの「普通」に合わせていくと、自分の感性はどんどん鈍ります。でも、本当はここが一番大事なところなんですよ。自分の感性にこそ合わせるべきで。

 

15歳くらいまでは感性を育てる時期で、それ以降は、その感性を形にする時期、ではないかと思っています。

 

て、、、

 

しかしなんだな、、、

 

この話分かりにくいですな

 

感性連呼しすぎたんで、この辺で終わりましょう。

真面目に話そうと思うと感性に合わん。