自分を出してよ

 

Sponsored Link

 

 

ブログに自分を出しすぎて自己嫌悪に陥ることがあります。

自己嫌悪に陥る瞬間 - ホーリーの普通の日記

 

でもこれ逆に他人のブログを読んだとき、そこにその人の人間性が出てないと、つまらないんですよね。

 

ちょっと前なんですけども、好んで見てたビリヤードブログがありました。

それは今日まであまりなかった、正統派の技術論が書いてあるブログだったんです。いわゆるHow to系の。

すごいタメになるブログで、更新も頻繁だったため、人気があったんですよ。

 

でもわたしはこれ、早々に終わるだろうなと思ってました。

 

だってそこにその人の人間性が出てないから

 

案の定100記事程度で終わったはずです。終わりにした一番の理由は他にあると思いますが、あの調子では、どのみち長続きしなかったでしょう。筆者が「顔」を出さないんですもん。

これ読者も感情移入しにくくなりますし、書いてる本人もツラくなってきます。変に遠慮せず、そのままの自分を出したほうが、書くって行為は楽です。

 

その後、その筆者がよく行くビリヤード場にお邪魔したんですけども、店のオーナーさんに聞いたら、その人はすごい個性的な人だったので、なおさら残念でした。

 

「顔」を出さないブログはつまらないです。それは読み手にとっても、書き手にとっても。