ブログは書くことなくなったときが一番楽しい

 

Sponsored Link

 

 

ブログって、書くことなくなったときが一番楽しいと思うんです。

始めたばかりの頃は、勢いもあってバンバン書けるんですよ。でもこれが早ければ30本、遅くても100本くらいで枯渇してきます。ネタがなくなってくるんですよね。

わたしも初めて書いたブログ「窓拭き日記」では、確か50本くらいでネタが尽きましたw

 

最初は一般の方向けに窓拭きのHow to 記事を書いてたんですが、そんな沢山書けるもんじゃないんで、あっという間に尽きました。

どうしようか考えた挙句、プロ向けの内容に切り替えたわけですが、あそこでやめなくて本当によかったと思っています。

 

だってあれですもん。

 

ブログの醍醐味はここですから

 

書くことなくなったときが面白い。書きたい情熱はあるんだけど、ネタがないってときが最高です。

冷蔵庫にはロクな食料がないんだけど、なんとか人様に出せる料理を作れんだろかって状態ですね。

 

あえてブログ記事を小出しにして、尽きないようにしていた時期もありましたが、今は思い付いたら思い付いただけ書いちゃいます。もう冷蔵庫に物があると逆に安心できんw

 

なにもないと、すごく考えなくちゃいけないんで、それが楽しいんですよ。

冷蔵庫の食材は毎日使いきりましょう。