びわ湖に滋賀県の団体さんがやってきた

 

Sponsored Link

 

 

タイトルだけ見るとなんのこっちゃいな話ですが、西新宿にあった居酒屋「びわ湖」に滋賀県の団体さんが来たって話です。滋賀県といえば正に琵琶湖があるところですからね。

(居酒屋びわ湖については、こないだ書きました)

 

出張で東京を訪れてたサラリーマンの団体さん。新宿で琵琶湖を見つけてテンションが上ったのか、引き寄せられるようにご来店。

「いやぁ、まさかこんな場所に琵琶湖があるとは思わなんだですよー」

完全に滋賀の空気を感じながらやって来ました。

(方言については適当です。大幅に間違ってると思うんで、そこはごめんなさい)

 

「部長、これ良かったですねー。新宿に琵琶湖あったとですよー♪」

「おお。◯◯くん。これこそ奇跡だな。我が琵琶湖がこんなとこにもあったとは」

「はっはっは。かんぱーい!!」

 

超テンションの上がる滋賀県の団体さん。

「いや、もうね。僕は空気を感じたとですよ。なんか琵琶湖の匂いがするなと。そんでみたら”居酒屋びわ湖”って書いてるんですもん。こりゃ入るしかないでしょー」

「◯◯くんの嗅覚は本物だな。新宿で琵琶湖の匂いが分かるなんてなーw その調子で女の匂いも嗅いでるんじゃないか?ええ、きみーwww」

「はっはっは。いやだな部長。それ部長でしょーw」

「いえい!かんぱーい!!」

 

もう完全にテンション上がりっぱなしの団体さん。

「部長、これ琵琶湖ってことは、部長の好きなあれもあるんじゃないですか?あれ」

「おおお。もう東京ってことで完全に諦めとったが、あるんじゃないかー?」

「あると思います!!よしゃ、頼みましょう」

 

「ママさーん、あれありますか?滋賀の△△は?」

「ごめんなさい。それないんですよ」

「おお。そうでしたか。じゃあ☆☆はあるとですか?」

「ごめんなさい。それもないんです」

 

「あちゃー。それは残念とですねー」

若干落ち込む団体さん。切り返すようにママさんに質問します。

「ママさん。ところでママさんは滋賀のどこの出身ですか?僕はどこそこなんですよ。もしかして近所やないですか?なんか他人とは思えんですよw」

 

これまでのやりとりを聞いてた私、内心はドキドキでした。

 

だってあれですもん。

 

ママさんは岩手の出身で、滋賀はもちろん、琵琶湖に縁もゆかりもないんですもん 

 

確か前のオーナーであったご主人の関係で、店名が「びわ湖」になってたとかなんとか。

 

「ごめんなさい。私は岩手の出身で、琵琶湖に行ったこともなければ、見たこともないんです。。」

 「おおお。そ、そでしたか。。」

完全に落ち込む団体さん。そのまま二軒目へと消えて逝きました。

 

 

やはり東京に琵琶湖はなかった。まあそういう話です。