人生のことを考えて酒を飲もう

 

Sponsored Link

 

 

なにやら酒のことばかり書いてるこのブログ、そろそろ「ホーリーの泥酔日記」に改名しようか悩んでます。

さあ、そんなわけで今回も酒の話。

 

最近になり、飲み仲間数人がガンになりました。まあ仲間っていっても60近い年配者ですけどね。だから年齢的にはガンになってもおかしくはないんですが、やっぱり酒にも原因があるとかなんだとか。

それで酒を飲めなくなった人もいますし、むしろもう酒嫌いになった人もいます。もう酒なんて飲まねぇ、てか今日まで飲みすぎたことを後悔してるぜ、みたいな。

 

前までは散々ぱら酒を勧めてきてたのに、「ホーリーも飲みすぎには気を付けなよ。こうなってからじゃ遅いぜ」なんて言い出す始末。

 

いやいや、こういうことがあるたびに思いますよ。

 

 

みんなの分までたらふく飲もうと

 

 

体壊したら酒飲めない。だったら今飲もうじゃないか、てことですね。これが正しい考えだと信じています。

 

てか病気になった途端、飲みすぎを後悔するなんて、それは今日までの酒に失礼でしょう。今すぐ謝っていただきたい。

あの楽しかった酒も、素晴らしい酒も、全部をなかったことにするなんて、そりゃあんまりだぜ。

 

少し話が逸れますが、コラッピ副社長の西村がいいことを書いてたので紹介したいと思います。この記事の中で書いてました。

やべっちFC 湘南ベルマーレクラブヒストリーとクラブをなぜ応援するのか? - ニートがベルマーレ好きすぎて会社起こしてスポンサーになったブログゥゥゥン

 

結構熱いことを書いてるんですが、実はこれ、僕が酒に対して言いたかったこととほぼ同じです。文中の「ベルマーレ」だの「クラブ」だのって言葉を「酒」に変えてみましょう。

 

まず原文を引用するとこんな感じ。

 

サポーターはそのクラブが大好きになればなるほど、ただサッカーを見るだけではなくて、人と出会ったり、スタグルを食べたり、アウェイに遠征してついでに旅行もしたり、移籍情報でどきどきしたり・・・。他にもたくさん、ただ見るだけじゃない体験をたくさんするわけですね。

怒ったり、落ち込んだりすることも、もちろんあるんですけれど、それも含めてサッカークラブは生活の一部になり非常に大切な存在になっていきます。

 

クラブがなくなってしまったらもうそういう喜びも失望も、二度と体験はできないです。だってもうクラブが無いんですから。

他のクラブを応援すればいいじゃんとか、他に趣味ないのかよ?と思う人は多いでしょうが、それは無理でしょ?

その場所だから感じられる物ってあなたにはないですか?

家族でも学校のクラスでも会社でもなんでもいいですけれど、それは全部他の物で代用することが可能ですか?

そんなことないはずです。

あなたたちにとって大切なその場所が、僕たちにとってサッカークラブだったんですよ。

 

 

いやー、珍しくいいこと書いてますね。

じゃあ早速これを酒に変えてみましょう。

 

人はその酒が大好きになればなるほど、ただ酒を飲むだけではなくて、人と出会ったり、スタグルを食べたり、アウェイに遠征してついでに旅行もしたり、移籍情報でどきどきしたり・・・。他にもたくさん、ただ飲むだけじゃない体験をたくさんするわけですね。

怒ったり、落ち込んだりすることも、もちろんあるんですけれど、それも含めて酒は生活の一部になり非常に大切な存在になっていきます。

 

酒がなくなってしまったらもうそういう喜びも失望も、二度と体験はできないです。だってもう酒が無いんですから。

他のものを応援すればいいじゃんとか、他に趣味ないのかよ?と思う人は多いでしょうが、それは無理でしょ?

その場所だから感じられる物ってあなたにはないですか?

家族でも学校のクラスでも会社でもなんでもいいですけれど、それは全部他の物で代用することが可能ですか?

そんなことないはずです。

あなたたちにとって大切なその場所が、僕たちにとって酒だったんですよ。

 

うーん。なんていい文章になるんだ。そう、僕が言いたかったのはこれですよ。酒に対してはこういう想いを持っています。

だから毎日精一杯飲みたいし、もしもそれで病気になったとしても、酒を憎む気持ちなんてこれっぽっちもありません。

人生を彩っていれる酒には感謝の気持ちしかない。

 

さあ、今日も飲もう