俺屍のやりすぎで死にそうだ

 

Sponsored Link

 

f:id:gevvoihorry:20150519194630p:plain

 

もうこれ何度も書いてる話なんですが、性懲りもなくまた書こうと思います。

んまこんなブログなんて、誰もちゃんと見てないでしょうからね。同じ話をバンバン書いても問題ないでしょう。

ブログのネタに困るような人は、同じことを何度も書けばいいのに - ホーリーの普通の日記

 

☆☆☆

 

俺屍こと、「俺の屍を越えてゆけ」ってゲームがあります。これは知る人ぞ知る有名なゲームで、僕は中学生の頃にやりこんでました。

 

このゲームについてザックリ説明すると、これは主人公がすぐに死ぬゲームなんです。

ゲームの中の1ターンが1ヶ月で、だいたい1歳半くらいで死にます。そのくらい主人公が短命なゲーム。

 

短命ゆえに、死ぬ前、だいたい1歳くらいで自分の子孫を残します。ようは子供を生むってことですね。

んで、自分の死後は子供たちが意思を継いで戦ってくれるんです。

ゲームはこれの連続。子から孫、孫からひ孫へと、何代もかけながらラスボスを倒すことを目指します。

 

んであれなんですよ。

 

僕はこのゲームのやりすぎで自分の死生観がおかしくなってます

 

だからいま、めっちゃ死が近いんですよね。来年には死ぬくらいの勢いでビビってます。

 

俺屍で言うと、自分の子供が生まれたら、もう長くはないです。そんなに生きられないと思っていいでしょう。

またそのときの自分の能力が、人生のピークです。子供が生まれるくらいが絶頂で、あとは落ちるだけです。てか落ちながら惨めに死んでいくんです。

 

うん。

 

これまさに今の俺じゃないか

 

って思っちゃうんですよ。

 

初めて子供を授かったのは4年前。んで今では2人の子供がいる。

 

いやいやいや、もう長くはないでしょう。

俺屍で言ったら、あと2ターンくらいしか残ってないですよ。もう人生の8割は終わってるんです。

 

んなアホな。って思ったそこのあなた、さっきも言ったでしょう。

 

俺の死生観はゲームのそれと同じになってるんだよ

 

だから死が近く感じるの。もう人生の8割終わったって思っちゃうのよ。

これしょうがないでしょう。だってそのくらいやりこんでたんだから。

 

最近周りの人から、変わったと言われます。てか嫁からも。

確かに僕のことを前から知ってる人にとっては、変わったと思うでしょう。自分でもそうだと思います。急に仕事熱心になったし。なんか色々とやり始めたし。

 

でもこれはしょうがないんです。だって僕の人生はあと2割、2ターンくらいしか残ってないんだから。

そりゃ遮二無二生きるようになりますよ。自分のやりたいことを全部やりたいって思うようになりますよ。そういう風に変わるんです。てか変わったんです。

 

さあ、残り2ターンの人生、子供たちに父の生き様を見せつけたいと思います。

 

そして子供たちよ。

 

俺の屍を越えてゆけ