子供には野球でなくサッカーをやってもらいたい

 

青春をクソ危ない窓拭きに費やした僕が言うのもなんですが、最近怖いモノが増えました。

例えばバイク。バイクの免許を取ってバイクに乗りたいなって、ずっと思ってたんですが、最近になって、その熱が冷めてきました。

だって自分が気を付けてても、事故をもらったら終わりじゃないですか。車なら軽傷で済むような事故も、バイクだと重症になるんじゃないかと思うようになったんです。

(こう書いてて思ったけど、取ってない時点で大した熱じゃないな)

 

次にスノーボード。数年前に一度やって、これは面白いなと思ったんですが、やはり怪我が怖くて趣味にするのはやめました。

同じく自分が気を付けてても、人に突っ込まれて、骨折でもしたらバカらしいなと。

もうスノボはやりません - ホーリーの普通の日記

(過去記事見たら、そもそもスノボつまらんて書いてあった)

 

んで、最近になって危ないなと思ったのが野球ですよ。あれはよく考えたら非常に危ない。

 

ついこないだだと思うんですが、野球観戦中にファールボールが当たって失明してしまう事故があったじゃないですか。

プロ野球観戦、臨場感か安全性か 打球当たりファン失明:朝日新聞デジタル

 

僕は野球観戦を一度もしたことがないんですが、このニュースを見て思いましたよ。

 

絶対行かねぇ

 

って。

 

正直野球にそこまで興味があるわけじゃないので、試合中ずっとグラウンドを注視してられません。かぶりついて見ていられないと思うんですよ。どうせ席によっては、選手なんて米粒くらいにしか見えないし。

んで、人からLINEかなんか来てて、スマホ見てたら球が飛んできて当たって失明、とかになったら最悪ですもん。

 

チケットに書いてるとか、試合中何度も注意喚起してるって言われても、そりゃよそ見するときくらいありますよ。そのときに当たったら、どうするのかと。

だから僕みたいに野球好きじゃないやつは、行かないほうがいいなと思いました。そんなリスクを抱えんでもいいと。

 

☆☆☆

 

野球の怖いところは観戦だけじゃありません。最近もうひとつ思ったんです。

 

それは素振り。

 

夜中に野球少年が素振りをしてるって光景に、出くわしたことはありませんか?

自分が歩いていたら、なんか家の前とかで素振りしてるって光景。

 

このときに思うんですよ。

 

もしもバットがスッポ抜けて、こっち飛んできたらどうしよう

 

って。

 

てかこの少年はそれを考えないのか。それが怖くならないんだろうかと、不思議に思いました。

 

万一バットがスッポ抜けたら、目の前を歩く人に大怪我を負わせてしまう可能性があるわけじゃないですか。それなのに人が通る方を向いて素振りしてる子って多いんですよね。あれが怖くてしょうがない。

 

てかそもそもの話で、指導者はそれを教えないんでしょうか?そこが非常に謎です。

仮に指導者が、素振り中のスッポ抜けに注意してなかったとしたら、これ練習中にも同様の事故が起こる可能性がありますよね。

みんなで素振りしてて、A君のバットがスッポ抜けて、B君に当たって重症みたいな。

 

第三者のことを考えずに素振りしてる野球少年を見ると、そのへんが非常に怖くなってしまいます。

 

だから今もしも息子に、「野球とサッカー、どっちやろうか悩んでる」って相談されたらあれですよ。

 

サッカーにしなさい

 

って、満面の笑みで答えます。