おそうじ本舗の安全第一に偽りなし

 

Sponsored Link

 

f:id:gevvoihorry:20150726154654p:plain

 

 

少し前の話なんですが、テレビでおそうじ本舗の特集がやってました。

なんでも中国に進出するとかって話だったんですけども、これが興味深くて途中から見入ってしまったんです。

 

中国には在宅時のハウスクリーニングサービスというのはあまりなくて、基本的に家政婦さんが掃除をしてる。でも非常に適当だし、レベルが低い。だからおそうじ本舗が進出すれば、プロの掃除が喜ばれるのではないか。

みたいな内容だったんですが、僕が一番興味深かったのは、加盟店へのマニュアルです。

 

おそうじ本舗はフランチャイズ展開しているので、加盟店を募ってマニュアルを渡し、その通りの仕事をしてもらってるはずです。

んで、そのマニュアルの中身ってどんなんだろ?って気になってたんですよ。

特にこれ中国の場合、一番ネックなのが窓ガラス清掃だっていうんで、そのマニュアルが気になりました。

 

f:id:gevvoihorry:20150726165449p:plain

出典:http://wallpaper.free-photograph.net/jp/photobase/yp13202.html

 

なんでも中国のマンションにはベランダがないところが多いらしく、窓の外側の清掃が困難だって言うんです。

(写真は適当に探したやつなんで、実際に作業するマンションは、もっと綺麗なはずですw)

ようするに、普通に窓拭きしようとすると、窓から外に身を乗り出す、非常に危険な作業になってしまうわけですね。

 

 

こんな感じでしょうか。通称「乗り出し」。

窓拭きの中でも1、2を争うヤバイ作業です。

 

ま、まさか乗り出しでいくんか?

 

そんなことしたら年間数人は死ぬだろ。なんて思いで見てたんですが、やっぱりそれはありませんでした。

加盟店にそんな危ないことはさせられないってことで、おそうじ本舗が打ち出した解決策がこれ。

 

 

マグネット式のクリーナーです。

そのまんまこれってわけじゃなかったですが、同じようなものを使おうって話になってました。

 

いやいや、この選択はすごいですよ。まさに勇断。

だってあれですもん。普通に乗り出して窓拭きしたときの、綺麗になる度合いが10だとしたら、このマグネット式はあれですよ。

 

0.2くらいしか綺麗になりません

 

10に対して0.2。ようするに全く綺麗にならないってことですね。

 

窓の汚れなんかはどうでもいいから、とにかく安全作業でいこうって気持ちが、フルに伝わってきました。

おそうじ本舗の安全第一に偽りなしです。

 

P.S.

ちなみに僕がおそうじ本舗さんの立場でも、ノータイムでマグネット式を選びます。

フランチャイズならば当然。直営でも悩みますね。