スープが不味いのは分かる。でも麺が伸びてるのだけは理解出来ん

 

Sponsored Link

 

自社広告

f:id:gevvoihorry:20150818152728p:plain

SRオールスターズ - ハイパークリエイティブスタンプ

 

冴えない中華屋に入ったとき、やたらとラーメンが不味いことってあるでしょう。

あらかじめハードルを下げに下げ、ショックアブソーバーを装着した体勢で臨んだにも関わらず、それをはるかに下回るクオリティ。そんなのに遭遇したことって、誰でも一度はあるはずです。

 

で、このときにどうしても分からないことがあるんですよ。

まあスープが不味いのは分かります。試行錯誤を繰り返した挙句、よく分からん方向に行ってしまったんでしょう。

 

でもね

 

麺が伸びてるのだけは理解出来ん

 

あれってなんででしょうか?腰ゼロのスカスカ麺を出されるたびに、理解に苦しみます。

 

だって、麺は時間を計るだけじゃないですか。季節やその日の湿度によって、微妙に時間は変わるんでしょうが、それでも大外しはしないはずです。

 

f:id:gevvoihorry:20150818155628j:plain

 

こんなのを使って、麺を入れるときに時間をセット、んでタイマーが鳴ったら麺を上げて湯切りするだけじゃないですか。

これするだけで、少なくとも「伸び」はしないと思うんですよ。マシな状態にはなるでしょう。

 

もちろん美味しい麺を出すには、もっと色々とやらなきゃいけないんでしょうが、僕が言いたいのは、麺が伸びるのを避ける方法です。

んで、こういうことって非常に簡単だから、それでも伸びてる麺を出す店があるのが理解出来ないんです。

 

あれって本当なんででしょう?

 

もしかして店の嗜好性なんだろか?

 

だとしたら怖すぎるぞ。

 

P.S.

そいえば最近、ホープ軒のインスタントラーメンにハマってます。生麺タイプって言いえばいいのかな?スーパーとかで、焼きそばの近くに置いてあるイメージですね。

 

f:id:gevvoihorry:20150818155537p:plain

 

これがマジで美味い。麺はまあまあなんですが、とにかくスープが美味いんです。ニンニクと一味唐辛子を、これでもかってくらいにブチ込めば、もう最高ですね。