プログラミングをしてたらサウンドノベルツクールを思い出した

 

Sponsored Link

 

 

ここへ来てプログラミングにハマってます。30歳にしてハマってしまいましたよ。

まあどこまで出来るかは分かりませんが、興味の続く限りやってみたいと思います。

 

このプログラミング、勉強は少々ダルいんですが、自分で何かを作ってるときは最高に楽しいです。

一番最近だとメール配信システムですかね。こんなのでも、作ってるときは楽しくてしょうがないんですよ。自分でコード書いて、それがちゃんと動いたときはマジで感動します。

メール配信システムを作ってみました - ホーリーの普通の日記

 

んで、こうやって作ってるとき、やたらと思い出すのはあれですね。

 

サウンドノベルツクールです

 

サウンドノベルツクール

サウンドノベルツクール

 

 

僕が買ったのはプレステ版で、1だか2だが忘れましたけど、まあとにかく買ったんです。

で、これにドハマりしたんですよ。生まれて初めて作る楽しさを知ったのは、恐らくこのサウンドノベルツクールですね。

 

確かタイトルはフエフエクエスト。

 

西村が、友達の坂本くんからFF6(ファイナルファンタジー6)を借りて、なんかの拍子にデータを全部消しちゃったんですよ。

坂本くんは相当やりこんでて、全キャラクターのレベルも半端ないことになってたのに、それを消しちゃったんです。

 

んで、そのことを本人に言い出しにくいって悩んでたんで、これをゲームにして、それで告げれば大丈夫じゃないか?なんてことから、制作が始まりました。

 

あ、そうそう。ここでサウンドノベルをご存知でない方に説明しますと、サウンドノベルっていうのは、ようするに小説風のゲームなんです。

画面全体にテキストが表示されて、まるで小説とかを読んでる感覚で進行していきます。

 

んで、ところどころに分岐が出てくるんですよ。例えば、右と左どっち行く?みたいな。

それの回答次第で、物語が変わって行くって仕組みなんです。

有名なところで言うと、「かまいたちの夜」とか「」でしょうかね?この辺がサウンドノベルの代表作だと思っています。

 

で、ここでフエフエクエストですよ。西村がデータを消してしまった経緯をゲームにして、それを坂本くんにプレイしてもらえば、許してもらえるんじゃないかと考えたんです。

これこれこういう風に消してしまった。悪気があったわけじゃない。本当にごめんなさい。

なんていうメッセージをゲーム内に散りばめようと思ってたんですが、あろうことか、ふざけた感じに仕上がっちゃったんですよね。

 

「ゲームのデータが消えてしまった。ど、どうしよう?」ってところの選択肢が、「レンジでチンする」と「ゴミ箱にポイする」だったりして、どうにも遊びが止まらなくなってしまいました。

このクソゲーがぁ!!なんて感じで蹴りを入れたら、データが消えてしまったなど、実際の事故とは違う内容も盛り沢山で、本当にあらぬ方向に行ってしまったんです。

 

でも制作側は大盛り上がりでした。マジで寝食を忘れて没頭した覚えがあります。

完成まで丸3日くらいだったと思うんですが、あのときのやりきった感は、すごいものがありました。

 

んで実際にFF6とフエフエクエストを坂本くんに渡したんですが、まあこれあれですよ。その翌日に西村はボコボコにされてました。あのときのやられきった感もすごかった。

 

自分でコードを書いてると、不思議といつも、このときのことを思い出してしまいます。

坂本くんを怒らせるのは避けたいですが、同じくらい没頭したいと思います。