そう思ってるのと書けるのには圧倒的な差がある

 

Sponsored Link

 

 自社広告

f:id:gevvoihorry:20150830061031p:plain

SRオールスターズ - ハイパークリエイティブスタンプ

 

知り合いのブラブラ氏がこんなツイートをしていて、非常に共感してしまいました。

 

 

んで、この「真面目」について書こうと思ったんですが、まあこれあれですよ。

 

全く書けん

 

自分の考えが全くもってまとまりません。

 

一応こんなことをツイートしてたんで、この辺を軸に組み立てればいいと思ってたんですが、全然でした。

 

 

んで、ここで思うんですよ。ただ「そう思ってる」のと「書ける」のには、圧倒的な差があると。

ああそうそう。分かる、分かるよ。俺も同じ意見だわ。なんて思ってても、いざとなったら書けないんです。そのくらいの浅い理解力しかないんですよね。

 

例えば誰かの文章を読んで、この人は自分と同じだ、なんて思っても、そこには圧倒的な開きがあるんですよ。

文章に出来てる人と、出来ない人。両者の「そのこと」に対する理解力には雲泥の差があるでしょう。

 

つまり僕は「真面目」ってことに対して、あんまり考えてなかったということです。文章にしようと思って、そのことを痛感しました。

 

世間で言う真面目な人はなにも考えてないだけ。なんてディスってただけに、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

 

なにも考えてないのは自分の方だったか。。