iPhoneアプリの作り方

 

知り合いから、「iPhoneアプリってどうやって作るの?」って聞かれたんで、その作り方っていうか雰囲気を書きたいと思います。

まあ僕が知ってるのは、主に雰囲気だけですからね。肝心なことは知りません。

 

まず必要なものは「Mac」と「Xcode」です。

Macは、あのパソコンのMac。僕はMacBook Airを買いました。

 

んでApp Storeで「Xcode」っていうのをダウンロードするんです。ちなみにこれは無料。

 

そうすれば、もうOK。後は作るだけです。

(厳密に言えば、Appleのデベロッパー登録っていう、年額1万ちょいかかるやつがあるんですが、まあこの話はいいでしょう)

 

しかし普通のWEB制作に比べて、アプリ制作っていうのは華やかなんですよね。最初はその雰囲気にビビりました。さすがジョブズやと。

 

f:id:gevvoihorry:20150924183844j:plain

 

例えばこのコラッピの問い合わせページは、PHPで書いてあるんですが、そのコードは非常に地味です。

 

f:id:gevvoihorry:20150924184017p:plain

 

こんな感じ。WEB制作だと、基本的にこんな感じなんですよね。

こうやってバーっと書いてって、ちょいちょいローカル環境(本番前の練習場みたいなやつ)で確かめるみたいな。

(WEBも初心者みたいなもんだから、雰囲気しか分かりませんけどw)

 

ところが、iPhoneアプリ制作、Xcodeは違います。これマジで都会っ子ですよ。垢抜け方が半端ない。

 

 

f:id:gevvoihorry:20150924184647p:plain

 

まずiPhoneの画面が、もうそのままあるんですよ。

んで、そこに使うパーツを乗せます。

(パーツは最初から用意されてます)

 

f:id:gevvoihorry:20150924185102p:plain

 

次にパーツをコードに接続するんです。ドラッグアンドドロップして。

(上手くスクショが撮れませんでした)

 

f:id:gevvoihorry:20150924185156p:plain

 

んで後はコードを書くだけです。そのパーツの動きをコードで命令する感じでしょうか。まあそんな感じに書くんです。

ちなみに上のは「来世占い」のコード。知らない人が見ると、なにがなんだか分からないでしょう。

でも大丈夫。僕も自分で書いときながら3割くらいしか分かってませんw

 

しかし最初の画面からコードから、なんか華やかじゃないですか?

そう、iPhone開発は華やかなんですよ。

 

わ〜い。アプリ作ってるわ〜い。

 

みたいなテンションでも、簡単なのは出来ます。

 

App Storeで「Xcode」をダウンロードして、あとは「ドットインストール」で勉強と。ここまで無料だし、ここまでやれば簡単なのは出来ます。「来世占い」レベルなら、2時間くらいで作れるでしょう。

 

興味のある人は一度やってみてください。

Macさえ持ってれば基本的に無料です。

 

P.S.

Macを持ってない人は、Androidアプリがいいんじゃないでしょうか?

WindowsだとAndroidアプリが作れるらしいですよ。

僕は全く知らないんで、興味を持った人は自分でググッてみてくださいw

 

【関連記事一覧】

アプリの話 カテゴリーの記事一覧 - ホーリーの普通の日記