子供の抱っこを拒否したくない

 

Sponsored Link

 

 

こないだ5歳になる息子のお遊戯会を見に、幼稚園まで行ってきました。 

ようは合奏をしたり、ダンスを踊ったりするんですよ。クラスごとに。

 

んで、今は年中なんですが、去年の年少のときはヒドかった。

うちの子だけ、舞台上で仁王立ちしてまして、全く参加してなかったんです。

 

そんなこともあったんで、今年は大丈夫だろうかと、心配しながら幼稚園に向かいました。

 

まあ結果から言うと最高だったんですよ。ちゃんと参加してるどころか、はりきって参加してました。

全力で歌い、全力で踊る息子。その様子をビデオに収める嫁。なにも分からずはしゃぐ娘(2歳)。

 

そしてその横で号泣してる俺

 

いやいや、もうその全部が良かったです。思わず保護者席の真ん中で泣いてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そんな息子なんですが、5歳だけあって、結構重くなってきたんです。小さいころのように、楽々抱っこは出来ません。

でも娘をしょっちゅう抱っこしてるせいか、自分も抱っこしてくれって、せがんでくるんです。

 

20キロ弱あるはずで、長時間抱っこするのはキツイんですが、とにかくこの抱っこを拒否したくないんです。

 

僕は子供の抱っこを拒否しません

 

スポンサーリンク

 

 

抱っこすると肌の温もりを感じるんですよね。

んで、僕にとっては「肌が暖かい=生きてる」ってことなんです。

 

前に親父が死んだとき、特に印象的だったのが肌の冷たさ。そうか、人間は死ぬとこんなに冷たくなるんだと思いました。だから自分の中で「死=冷たい」になったんです。

親父のこと思い出して寝れん - ホーリーの普通の日記

 

んで、今生きてる自分たちは、当然暖かいじゃないですか。子供も暖かい。

だから一緒にいれるうちに、肌の温もりを何回も感じていたいんですよね。

 

みんな生きてる。家族みんな生きてるんだって。

 

だからいつまでも子供の抱っこをやめたくないと思ってます。