なぜメッシはサッカーが上手いのか

 

Sponsored Link

 

 

トヨタなんとかカップが終わりましたね。クラブの世界一を決めだかの。

んで、案の定バルセロナが優勝ですよ。メッシ超人率いるバルセロナが、当たり前のように優勝した次第です。

 

んで、ここで思うんですよ。

 

なんでメッシはサッカーが上手いんだろうと

 

メッシはずば抜けてて、素人からみても異質な存在に見えるんですが、そもそもは南米にはそういう選手が多いじゃないですか。

ネイマールも南米だし、他にも南米の選手はうじゃうじゃいました。

 

スポンサーリンク

 

 

メッシがっていうか、なんで南米の人はサッカーが上手くなるのか、これについて考えてみました。

普通にいったら、金もあって設備も整えられる日本が、じわじわ追いついていいと思うんですが、その差は離れるばかりです。

日本が下手で南米は上手い、その理由が気になってしょうがなかった。

 

ただ、やっぱ理由はひとつしかないですね。

 

小さい頃からやってるから

 

まあこれに勝るものはないでしょう。

 

ボールタッチとか小学生になってからだと遅いと思うんですよね。ああいうのは3〜5歳くらいの間に身に付くものでしょう。

 

南米といえば、スラム街で裸足でサッカーしてるイメージがありますが、本質的にそれは関係ないと思うんです。

でも、やっぱ本当に小さい頃からやってるのがデカい。

 

日本は豊かなせいか、サッカー1本になるのは、早くても小学生からでしょう。幼稚園くらいで、毎日サッカーしてる子なんていないと思います。

(毎日1時間くらいやってるって子はいると思うけど、朝から晩まではいないでしょ)

水泳とか自転車とか、他の遊具、習い事が沢山あるせいで、サッカーオンリーにはなりません。

 

ところが南米はあれですよ。サッカーしかないんです。

思いっきり想像で書きますが、おそらくサッカーボールも、一家に一個じゃないでしょう。その路地、ストリートに一個なんですよ。

 

んで、当然のように、それ以外の遊びなんてありません。ボール1個で出来る遊びじゃないと、金がかかるんで選択肢にないんです。

それを証拠に、ブラジルは女子バレーも強いですよね。あれもボール1個じゃないですか。

 

スポンサーリンク

 

 

さあ、2歳くらいから、遊びはサッカーしかありません。しかもボールはストリートに1個。

 

するとどうなるでしょう?

 

そう

 

上手くならないとボールに触れないんです

 

遊び→サッカーしかない→ボールは1個→それをみんなで取り合う→自分は下手→触ることすら出来ない→上手くならなきゃ

 

まあこの循環ですよね。こういうサイクルが出来上がることで、南米の子はサッカーが上手くなるんだと思います。

 

だから多分メッシとかあれですね。そのストリートに1個どころか、その街(スラム)に一個しかなかったんでしょう。ボールが。

それで競争の激しい中でボールを触ろうとして、あのサッカーセンスが磨かれたんだと思います。

 

だから日本もあれですね。幼稚園や保育園を全部壊して、公園の遊具も壊す。なおかつ習い事のたぐいも全部廃止して、公園にボール一個だけ置いとけば、すぐにサッカー大国になるはずです。

 

さあ出てこい。日本のメッシ。