読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツチヤタカユキさんがヤバすぎる件

 

この間初めて、ツチヤタカユキさんて人のことを知りました。

行動ターンの話を書きましたが、この人こそすごい、てかヤバイと思っちゃったんですよね。

人生におけるターンの話 - ホーリーの普通の日記

 

そのツチヤタカユキさんを知るキッカケになった話がこれ。

ツイッターで流れてきたやつです。

日々2000個のボケと空っぽのレジェンド|笑いのカイブツ|ツチヤタカユキ|cakes(ケイクス)

 

僕はお笑い以外に、やりたいことなんか何もなかった。

そして、自分が死ぬと決めていた21歳まで、あと6年間しか残された時間がなかった。

21歳といえば、シド・ヴィシャスが死んだ年齢と同じ年齢である。

シド・ヴィシャスの刹那的な生き方に、15歳の頃からずっと憧れを抱いていた僕は、21歳で死ぬつもりで生きてきた。だから、やっと本気になろうと覚悟した僕は、それこそ死に物狂いで泳いだ。脳みその中の海を。

 

まず入りからして相当ヤバイ。

シドを尊敬してるやつに、ロクなのいませんからね。

(自分の周りだと山ちょんだな。同じように南京錠付いたネックレスして鍵無くして、ネックレス錆びて、肌に跡が残ってるっていう)

 

高一のときから狂ったように投稿を始め、そのまま高校を卒業するまで、ケータイ大喜利に何百個もボケを送ったが、一度も読まれる事はなかった。

読まれないという敗北を味わうたびに、僕は少しでも正解に近づくために、様々なスタイルを次から次へと試していった。

最も効果的だったのが、キッチンタイマーでカウントをとりながらボケを出しまくるというスタイルで、最初は1分1個ペースだったボケる速度が、どんどん上がっていくのを肌で感じた。

次第に僕は、一日に出すボケのノルマを、ボケるスピードの向上と共にどんどん増やしていき、100個だったノルマを、500個に増やした。

 

ボケることにのめり込んでいってるのが分かります。

でもおかしくなるのはここから。

 

毎週土曜日の深夜、数百のボケを送りながら、読まれなかったという現実を突き付けられるたびに、「お前なんか全然おもしろくないから、今すぐにお笑いから足を洗え」と言われているような感覚になった。

それから半年間、投稿を続けたが、僕のボケは一度も読まれることはなかった。

その状況を変えたくて、20歳のとき、一日に出すボケ数のノルマを、500個から1000個に増やした。自分で自分を少しずつ、破壊しているような感じがした。

起きている間は、どこにいても大喜利をしていた。当時僕は、ヨーグルトの販売契約を取る営業のアルバイトをしていた。そのバイトに向かう電車の中。バイトの休憩中。帰りの電車の中。バイト中も、バレないように、大喜利をやっていた。たまにバレて、怒られたりした。

 

ラジオ番組なのかな?投稿するボケが1個も読まれなくて、自分のボケノルマを上げていきます。

 

僕はもっと、加速したかった。21歳で死ぬつもりで生きていた。

次第にアルバイトという行為は、時間の空費だと感じるようになった。すべての時間を大喜利に費やしたいと思うようになり、そのままバイトを辞め、僕は実家にいながら無職になった。

こうして家族の冷たい目線をまるっきり無視し、すべての時間を大喜利に費やせる状況を作り出した僕は、一日に出すボケ数のノルマを1000個から2000個に増やした。

朝から晩まで、机にかじりついて、自分でお題を考えて自分で答え続けていた。ノート一冊を一日で使い切るくらい大喜利をした。

とにかく、もっともっと加速したかった。誰よりも濃く、光の速さで生きて、一瞬で消えて行きたかった。

 

このへんから、かなりヤバイでしょう。

全ての時間を大喜利に費やしたくてニートになってますよ。

 

三段に昇格した頃、大喜利はさらに加速度を増していき、その頃には5秒に1個ペースで、ボケが出せるようになっていた。1つのお題につき、少なくても30個。多い時は300個ボケを送った。

僕はすぐに、四段に昇格した。

布団の上に倒れ込む。

その頃いつも、朝目が覚めると、頭がキャラメルの塊になったみたいに、ぼーっとしていた。そうなると、いつも僕は、壁に自分の頭をガンガン打ち付けていた。そうすれば大喜利が出来る脳の状態に、すぐに戻るような気がしていた。

ある朝、しばらくの間、壁に頭を打ちつけ続けた。額が裂けて、そこから血がどくどくと垂れて来た。生温かい血にまみれながら、僕はその瞬間、間違いなく一人の人間として死んだと思った。

それが、僕が人間をはみ出した瞬間であり、カイブツが生まれた瞬間だった。

 

んで、最終的にここまでいっちゃうっていうw

いや、すごい熱狂、まさに狂気ですよ。自分の熱に狂ってます。

 

その後のツチヤさんのことは、よく分からないんです。構成作家になったのに、それもちょっとで辞めちゃったとかなんとか。

僕もザッとググっただけなので、興味のある人は調べてみてください。

ちなみにこの連載、まだ続いてます。続きもアップされてたはずですよ。

 

行動力を上げたいとはいつも思ってますけど、このツチヤさんのそれは異質ですよね。

でもここまで熱狂出来た人が突き抜けるんだろうなと思います。

 

行動力の高い人に共通してるのは、ゴールから逆算してるってとこですよね。

基本的には死。いつか死ぬってことが必ず意識の中にあります。それだから速くやりたいことをやろうって。

 

ツチヤさんは21歳の設定でしたね。それが半端ないw

 

いつまでにって締め切りを作らないと、人の行動力は上がらないと思います。

いつかこれやりたい。本当はこれやったほうがいい。

そんなことがあるのなら、締め切りを設けたほうがいいでしょう。

 

なにもしなかったら、死ぬ間際でも、そんなこと言ってますからね。

 

P.S.

そうそう。熱狂と言えばこの本もおすすめ。

その熱に焦げそうになりますよ。マジでw

 

たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉

たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉