読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラス屋(窓拭きのプロ)あるある

f:id:gevvoihorry:20151230172416j:plain

 

仕事の仕方っていうのは人それぞれですが、やっぱ最初の原体験がデカいと思うんです。初めて働いた環境っていうか。 

んで、僕は思いっきりガラス屋(窓拭きのプロ)だったので、そのときの癖みたいなのが全く抜けません。

コラッピの業務もガラス屋のそれでこなしています。

 

えー、せっかくなので、ガラス屋あるあるでも書いてみたいと思います。

ガラス屋ならば「うんうん」とうなずき、一般の人は違和感あるかもしれませんが、これから書くことはガチです。ガラス屋の生態、そのままを書きましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

① 15時過ぎるとやる気ゼロ

 

基本的に15時過ぎると、全くやる気が起きません。仕事は15時までに終わらせて帰るっていうのが習慣付いています。

むしろ午前中までですね。午後はやる気半減、んで15時でゼロになります。

この習慣が抜けないので、最近は超朝型の生活にシフトしました。

 

② 時間で仕事することが出来ない

 

何時から何時まで、みたいな働き方が出来ません。例えば9時〜17時みたいな。

その日の仕事が終わったら、さっさと帰って酒飲みたいので、何時までそこにいなければいけないっていうのが無理です。

仮に17時まではいなければいけないって言われたら、尋常じゃないくらいサボります。

(朝バケツに水を汲んで一時間休憩、んで30分仕事して2時間休憩、なんて感じになりますね)

 

③ 真面目な雰囲気で仕事が出来ない

 

基本的に真面目な雰囲気で仕事が出来ません。口から出る言葉の8割は、ボケと下ネタです。

  

④ 30歳はジジイだと認識してる

 

元々は20代が9割の仕事だけに、30歳=ジジイって認識が当たり前でした。

30歳っていえば、体が動かないのはもちろん、ヘタしたら腰曲がってんじゃね?ってイメージでしょうか。

40歳より上の人は、半分死人だって認識です。

 

⑤ スーツ着てるオッサンに対して嫌悪感が半端ない

 

どんな仕事を請けるにせよ、たいがい間に別の会社が入ってます。いわゆる元請けってやつですね。

そこのスーツ着たおっさんが見に来るときがあるんですが、まあロクなもんじゃない。

手ぶらで来て、しょーもないこと言って、帰ってくだけっていう。

それゆえスーツ着たおっさんに対する嫌悪感が半端ない。偉そうなこと言うのなら、ビールくらい買ってこいって話でしょう。シラフじゃ聞かないよ。

 

⑥ 酒を飲み始めると止まらない

 

基本的にみんな、酒飲みたくて働いてますからね。そんなわけで、飲み始めると止まりません。

明日のことも何も関係なく、泥酔するまでとことん飲みます。

綺麗に終わることなんて決してない。

 

⑦ それでも窓拭きだけはやめられない

 

基本的に社会不適合者なので、窓拭きへの愛が半端ないので、他の仕事に移ることは決してありません。

  

終わり

 

ガラス屋あるあるはこんな感じですね。

途中から、あるあるじゃなくて個人の思想の話になってしまいましたが、大筋は合ってるでしょう。