読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画「スティーブズ」を読んで、スティーブ・ウォズニアックのファンになりました

 

これを書いてる昨今、巷ではスティーブ・ジョブズの映画がやってるらしいですな。

熱狂的なアップル信者の僕も最近見ましたよ。スティーブ・ジョブズ。

 

いやー、良かったですよ。思ってたより良かった。 

 

スティーブ・ジョブズの1作目ね

 

巷でやってるのが2作目だって聞いて、とりあえず1作目から見た次第です。

 

スティーブ・ジョブズ  [DVD]

スティーブ・ジョブズ [DVD]

 

 

つまらないって聞いてたんで、むしろ面白かったです。期待値が下がってたが良かったんでしょうね。

これから1作目を見るって人にはネタバレみたいになってしまうんですが、一番の見どころはあそこです。ペプシの社長をアップルに引き抜くところ。

 

「このまま一生砂糖水を売り続けたいのか?それとも私と一緒に世界を変えたいのか?」

って名言を吐いて、見事アップルに入ってもらうんですよ。それもCEOとして。

 

ただ

 

10分後にはクビになってます

マッキントッシュが売れなかったのはお前のせいじゃー!!死ねー!!ボケがー!!

って、露骨に暴言吐いてます。さすが世界のスティーブ・ジョブズ。キレ方も半端じゃない。

映画自体の尺が足りなくなってたのか、光の速さでクビになってました。

 

(ちなみに俳優さんがそっくりなんですよ。若いときのジョブズに似すぎてる)

 

スポンサーリンク

 

 

スティーブ・ジョブズを知る上で、とてもおすすめなものがあります。

それがタイトルにある漫画、スティーブズです。

 

スティーブズ(1) (ビッグコミックス)

スティーブズ(1) (ビッグコミックス)

 

 

意外と知られてないことですが、アップルはジョブズとその友人が2人で立ち上げた会社です。

その友人というのが同じスティーブの名前を持つ男、スティーブ・ウォズニアックなんですよ。

 

f:id:gevvoihorry:20160319143841p:plain

(引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/9638367/

 

ちなみにこれがウォズニアック氏。うん、非常にゴリラですな。

 

スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、2人の活躍を描く漫画が、このスティーブズです。

今で4巻まで出てるのかな?僕はこれ面白かったんで、全部買っちゃいました。

 

とにかくあれですよ。

 

ウォズニアックの技術力が半端じゃない

 

いぶし銀とはこのことかと。もうビビってました。

なんでも小さくしちゃうんです。少ないパーツで同じものを作るっていうか。

 

今のパソコンの原型を作ったのもウォズニアックですからね。

それまでは飛行機の操縦席みたいにゴツかったパソコンを、今のようにシンプルにしたのがウォズなんです。

 

すごいでしょう?まさに魔法使いですよ。

あのオズの魔法使いも、ウォズのそれから来てるとか来てないとかですからね。うんうん。

 

僕は映画よりこっちの漫画の方が面白いと思いますね。

ビル・ゲイツもしっかり出てくるんで、なんか当時のアップルを取り巻く環境がよく分かります。もちろん話自体も面白い。

 

むしろ僕はこの漫画を読んで、ウォズニアックのファンになっちゃいました。

突出した技術力を持つウォズがいたからこそ、アップルがあったんだろなと、そう思うようになったんですよね。

もちろんジョブズはすごいし、カリスマだけど、それと同じくらいウォズニアックもすごい。

 

そんなわけでウォズの自伝まで買っちゃいました。

長いんで、アップルを辞める前のところまででいいかもしれないですけどね。読むのは。

 

卓越したエンジニア、そして稀代のイタズラ好きでもあるウォズ。

スティーブズを読んで、その魅力に気付いたら、ぜひ自伝も読んでみてください。

 

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝