人はルーティンの奴隷である

 

Sponsored Link

 

f:id:gevvoihorry:20160321175930p:plain

 

すごい結果を残してる人を見ると、みんな必ずと言っていいほど努力をしています。

それを見るたびに、やっぱ継続は力なりだと、しみじみ思うんですよね。

 

ただ、これが非常に難しい。継続的になにかを続けるのって、非常にハードルが高いと思います。

 

んで、考えたんですよ。これなぜかと。

それがタイトルのやつですね。人はルーティンの奴隷である。

 

ルーティンてあるじゃないですか。イチローがバッターボックスに入るたびに行うあれですよ。

同じ動作をすることをルーティンって言ったりしますよね。

他の有名人だと、タイガー・ウッズが有名です。彼も素振りの回数まで決めてるとか。

 

こう言うとルーティンてスポーツ選手が取り入れてる特別なものって気になりますが、そうではありません。

毎日歯を磨くのもルーティン。お風呂に入るのもルーティンの一種なんですよ。

 

んで、ここで話が繋がるんですが、ようはルーティンて楽なんです。

スポーツ選手のそれは集中力を保つためとか色々あるんですが、基本的にルーティンていうのは人間にとって楽なものなんですよ。

 

決められたパターンのことをこなすのって、楽じゃないですか?

それと反対に初めてのことをするときは、非常に疲れるものでしょう。

 

仕事もそうですよね。新人のときは何もかもが初めてで、疲れることが多かったけど、入って数年して慣れると、それらのことが何でもなくなってます。

 

スポンサーリンク

 

 

えー、本題に入れないな。文章の運びがヘタすぎて、なかなか本題に入れないでいますよw

 

ようするに、人間の1日っていうのは、知らず知らずのうちにルーティン化されてるんですよ。

朝起きる時間って、だいたい決まってますよね。んで、家に帰ってくる時間もだいたい決まってるでしょう。

それで帰ってきてからやることもパターンになってるはずです。

 

そういうものひっくるめて、とにかく人の毎日っていうのは、ルーティンワークが大半なんですよ。

んで、ここで新しくなにかを継続的にやろうってなったら、このルーティンにそれを組み込まないといけないんです。

つまりそれは、今のルーティンを一旦崩すってこと。だからツライ。それゆえに長続きしないんです。

 

人は(自分にとって楽である)ルーティンの奴隷なので、それをなかなかに変えられないんですよね。

だから、新しくなにかを始めるときは、それそのものを始めるんだって思うんじゃなくて、これを自分のルーティンに組み込もうって思ったほうがいいですよ。

そうやって意識を変えることで、継続的な取り組みが可能になると思います。

 

はい。では最後に僕のおすすめのルーティンを紹介しましょう。

毎日がつまらない。仕事が憂鬱だ。好きだったあの娘のことが忘れられない。

なんて人は、このルーティンを取り入れてください。

 

飲酒ルーティン

 

毎晩浴びるほど酒を飲む。この行為を自分の一日のルーティンに入れるんです。

するとあら不思議。あんなにつまらなかった毎日が、めっちゃ楽しくなってるじゃないですか。

 

会社をクビになったこと。20万入った財布を落としたこと。

もう全てがどうでもいいくらい、あなたはハッピーになってるはずです。

 

家に帰る→風呂に入る→浴びるほど酒を飲む。

この流れで今日からやってみましょう。

 

1日のルーティンワークに酒は不可欠ですよ。