練習なんかしても上手くならん。必要なのは実践のみ。

 

Sponsored Link

 

 

f:id:gevvoihorry:20160329165134j:plain

 

最近はプレイ回数がめっきり減ってるんですが、ビリヤードにハマっていた時期があります。

これは20代前半から半ばまでですね。正直、仕事してる時間より、ビリヤードしてる時間の方が長いくらいでした。

 

ただ、あんまり上手くならなかったんですよ。ビリヤードは自己申告でA級、B級、C級と分かれてるんですが、僕はザ・B級。典型的なB級の腕前です。

B級とC級だけが集まる大会で、準優勝1回、優勝1回したことありますが、そのときの歴は5年くらい。マジなんでA級じゃないんだよって話でして、全くもってセンスがないんです。

 

足りなかったのは実戦経験

えー、今センスって書いてしまいましたが、これが間違い。

 

僕に足りてなかったものはあれです。

 

実践経験

 

実際に大会に出たりを、全くしてなかったんですよ。

今日までのビリヤード人生で10回も出たことありません。多分6〜7回かと思います。

 

でも、これって多くの人がそうなんですよ。「自分にはまだ早い」みたいな、意味不明なことを言って出ないんです。

日本人には、こういうタイプが多いと感じます。おそらく95%の人はそうでしょう。

 

十分な実力になってから、それをやろう。その集まりに参加しよう、なんて思ってるはずですよ。ええ。

 

そういう意味では、僕は実力十分になってから、ようやく大会に出たってプレイヤーです。

ほとんど他人と一緒にプレイすることはなくて、主に一人練習を毎日していました。

 

それが3年以上ありましたかね。んで、やっと出た大会で準優勝。次の大会で優勝しました。

多くの人は、これを理想とするでしょう。上記したような、95%の人は。

 

でもそれをやってみての自分の感想はあれです。

 

なんて遠回りだ

 

なんて遠回りをしてしまったんだ。俺は。って感じでした。

 

ビリヤードが上手くなる人は、1年くらいでA級になっちゃうんですが、そういう人たちの共通点は、早くから実践の場に身を置いてることです。

他の人とガンガンプレイして、大会にもガシガシ出る。そういう風にやっています。

(週一は出てますね。成長の速い人たちは)

 

こうすると猛スピードで上達するんですよね。一気に上手くなる人は、ほぼ間違いなくこのパターンで上手くなっています。

「自分の実力じゃまだまだ」なんていう、キチガイ発言はしません。

 

痛感してきてます

わたくしホーリー31歳、遅ればせながら、最近このことを痛感してきています。

100回の練習より、1回の実践の方が学べることは多いんですよ。

 

練習なんていらない、なんてことでは決してありません。

ただ、実践を中心にして、それを補うための練習、ってマインドセットでないと、成長は非常にゆっくりになると思っているんです。

 

そんなわけで、最近はアプリ制作にハマっているんですが、これこそ実践あるのみ、まずはリリースって感じでポンポン出してます。

これを書いてる今月から本格的に始めたんですが、今月で2本出すことが出来ました。

あとは前に出したアプリのアップデートですね。これも初めてのことだったんですが、やってみました。

https://itunes.apple.com/jp/developer/taro-horiguchi/id1035108482

(ちなみに今日まで作ったアプリの一覧はこれです)

 

人にアプリを見せると、「このアプリ売れるの?」とか、「なにが面白いの?」って言われることも多いんですが、ここで声を大にして言いたい。

 

俺は速く成長したいんだよ

 

そのために何度も打席に立とうとしてるんだ。

1ヶ月でこれだ。ここから3か月、半年と見ていてほしい。

 

100歳になっても、今と同じくらい元気なんだったら、アホみたいに練習ばかりでもいいでしょう。

でも自分は100%そうでないと思ってるので、出来るだけ速く成長していきたいです。

 

「それなりの実力になったら」なんていう寝言を言うくらいなら、1秒でも速く打席に立とうと思います。