読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の清掃業界への愛をまとめておこう

 

f:id:gevvoihorry:20160412205323j:plain

 

窓拭きに青春を費やしたせいか、窓拭きって行為、またその後ろにある「清掃」ってものに、愛着を持っています。

まあ自分の部屋は汚いっていうか、基本的に整理整頓が出来ないんですが、仕事としての掃除には親しみがあるんです。それは自分の青春そのものだから。

 

ただ、愛するがゆえ、普段はディスることの方が多い。批判することの方が圧倒的に多いです。

こないだも、清掃に対する人的ニーズはどんどんなくなるって書きましたしね。

好きなことを仕事にするのはいいんだけど、そのニーズには気を付けたい - ホーリーの普通の日記

 

だがしかし、

 

駄菓子菓子だ。

 

これを部外者に言われるとマジで腹が立つ

 

今だから話したいんですが、初めてビルメンネットのアイディアを思い付いたとき、周りの人とかに言ったんですよ。こんなのやろうと思うって。

多分10人くらいには言ったと思うんですが、返ってきた答えは100%これ。

 

あの人たちITリテラシー低いんじゃね?

 

ってことでした。ようはWEBサービスとか使えるの?ネットやってるの?ってことですね。ようするにスーパー馬鹿にされたわけです。

そのときに思いましたよ。こいつら全員殺すって。

 

あえて太字で書いとくが、部外者からのディスりは俺が許さん。それが事実であっても、真実であってもだ。

正直な話、「ITリテラシー」って言葉すら通じないだろうが、このディスりだけは許さないからな。

(ITリテラシーが低いのは120%事実だけどw)

 

☆☆☆

 

清掃って大きく括っちゃうとあれですが、窓拭きってやつは愛なんですよ。そのほとんどが愛で出来ています。

小手先の技術や道具に走る3流プレイヤーが多いですが、基本的には愛がモノを言う仕事です。

 

その愛が強すぎるがゆえ、基本的に上から目線、またディスりまくりな僕ですが、ここで今日まで書いた窓拭きへの愛をまとめておこうと思います。

どれも窓拭き日記のやつですね。たまに本音を書いてたので、それをまとめてみます。

 

今読むと文章も稚拙だし、内容も青臭い、てか真っ青ですが、いいでしょう。

 

☆☆☆

 

そもそも窓拭き始めたキッカケは、高校を速攻で辞めたからでした。

学生寮みたいなところに住んでたんですけど、そのまま一人暮らしは継続したかったんで、バイトで生活しようと思うわけです。16歳のときですね。

原点 - ホーリーの窓拭き日記

原点その2 - ホーリーの窓拭き日記

 

そのまま窓拭きに没頭するんですが、人生の転機になる出会いもあったりして。

(ちなみにこないだ書いた送別会の話で、アバラ折られてたのは、この人です。Y氏ね)

赤い彗星 - ホーリーの窓拭き日記

 

んで、20歳のときに独立の話をもらって。

白い彗星 - ホーリーの窓拭き日記

 

その数年後にバイトしてた会社を譲ってもらいました。

惑星ベジータ - ホーリーの窓拭き日記

 

んでビルメンネットの立ち上げが最近って感じですね。空白の5年くらいはビリヤードしてましたw

清掃系マッチングサービス「ビルメンネット」をローンチしました - ホーリーの窓拭き日記

 

☆☆☆

 

こうまとめてみるとあれですね。

 

清掃業界への愛が半端ない

 

いや、すごい。すごいな俺。

 

これは清掃なんとか協会から2億くらいもらってもいいでしょう。そのくらいの愛ですよ。

 

んで、最後にこれだけは書きておきたいんですが、清掃業界のどこに愛を持ってるって、一番はあれです。

 

人ね

 

多分今日まで出会った人の98%はいい人。

こんなこと、他では考えられないですからね。

 

ほとんど窓拭きのことしか分からないんですが、窓拭きは98%いい人ですね。

他の床清掃とかだと70%くらいかな?んでビル管理会社(総合ビルメン)になると2%ってとこですね。2〜3%がいいとこでしょう。あんなもん。

 

とにかく、そういう面白い人たちに出会わせてくれた窓拭き、ひいては清掃ってやつに感謝しています。

死ぬ前に一度はこんなことを書いてみようと思いました。