読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日からヒットマンに学ぶ、仕事におけるハードルの話

 

Sponsored Link

 

 

f:id:gevvoihorry:20160512164548p:plain

 

今日からヒットマンていう漫画があるんですけど、これがなかなかに面白いんです。

今日からヒットマン 1 (ニチブンコミックス)

 

稲葉十吉(通称トーキチ)っていう普通のサラリーマンが、ひょんなキッカケでヒットマン(殺し屋)になるんですけど、結構よく出来てるんですよ。

戦闘シーンとか見やすいんで、かなり読みやすい印象です。

 

んで、このトーキチはやり手の営業マンなんですが、そのへんのノウハウが戦いの中でも活かされてるんですよね。

結構キツイ強敵と一対一の撃ち合いになることも多いんですが、営業マンならではの観察眼が冴えてます。

 

そんなトーキチの名言がひとつあるので、紹介したいと思います。

 

f:id:gevvoihorry:20160512165826j:plain

 

これこれ、これですよ。

 

これはトーキチがヒットマンになる前の話なんですが、ここでのセリフを見るだけで、彼がどのくらい仕事がデキるか分かるでしょう。

 

☆☆☆

 

僕が言うのもなんですが、仕事っていうのは相手を感動させてなんぼなんですよ。

んで、感動っていうのは相手が思ってたハードルを超えたときに生まれるんです。想定内の範疇だと、感動してもらえません。

 

そこでトーキチのこのセリフですよ。

「上司の指令は最低限のハードルであって、それを飛んだからってゴールじゃあないの」

 

これついつい忘れがちなところですよね。言われた通りにやればいいんでしょ、ってなりがちです。

でもそうじゃないんですよ。上司からの指令は最低限のハードルにすぎないんです。それ飛んだからって、なに?って話ですよ。

 

お客さんに対しても同じですね。向こうの要望通りにやるだけじゃダメなんです。

金額分の仕事はしたっていうプロもいますけど、それで?って話ですよ。

それは最低限のハードルであって、ゴールではないですからね。

 

仕事に慣れるとすぐに忘れることですが、これってものすごく重要なことですよ。

なにかの仕事のプロである以上、常に「自分は感動を作っているか」意識した方がいいですね。

 

仕事における大事なことを気付かせてくれた、今日からヒットマン。この漫画、マジ素敵です。

今日からヒットマン 1 (ニチブンコミックス)