読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズ漫画「BLUE GIANT」を読んで普通に涙した話

 

2日くらい前に、BLUE GIANTっていうジャズ漫画を読んでみたら、普通に泣いてしまいました。

これ「岳(がく)」って漫画と同じ作者ですね。岳自体読んだことはないんですが、BLUE GIANTをキッカケに興味が湧いてしまいました。

 

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

 

 

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、
川原でサックスを独り吹き続けている。
雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。
「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」
努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。
無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は
仙台、広瀬川から始まる。

 

主人公は「宮本大」って高校生なんですけど、この彼のジャズ熱が半端じゃない。

やってるのはサックスなんですけど、これの練習量がもう尋常じゃないんですよ。

毎日河原で吹きまくり、なんか唇当てるところのパーツがあるんですけど、その消耗ペースが超速いんですよね。見てて引きましたw

 

しかもサックスやりだしたのは高校生になってからっていう。

1回聞いてファンになって、それからの猛練習ですよ。「俺は世界一のジャズプレイヤーになるんだ」って言って。

 

これだけだとめっちゃアホでしょう?ただの勘違い野郎で終わってしまいそうなんですが、そうならないんですよ。度を超えたアホみたいな練習量だから、そうならないんです。

 

んで、特に印象に残ったシーンがあるので、そこだけ紹介したいと思います。

高校卒業して東京に出るんですが、そこですごいピアニストと出会うんですよ。ユキノリっていう。

 

一緒に組みたいって話を大の方からするんですが、ユキノリはお前の実力をテストさせてくれって言うんです。

んで、初めて大の演奏をユキノリが聞くシーンがあるんですが、そこが良かったですね。

 

f:id:gevvoihorry:20160524174414j:plain

f:id:gevvoihorry:20160524174434j:plain

f:id:gevvoihorry:20160524174547j:plain

f:id:gevvoihorry:20160524174516j:plain

 

自分が努力して結果が出て、それで泣くことってあるじゃないですか。僕も今日までの人生で2回ありました。

でも、それよりも心が揺さぶられて感動するのって、マジですごい奴に会ったときなんですよね。これも2回あります。

 

自分もそれに対して努力してるから、相手の努力量が分かるんですよ。これ以上ないってくらい何か物事に真剣に取り組んでで、それで自分よりすごい奴に会うと、思わず泣いてしまいます。

まあ嬉しさ半分、悔しさ半分ですけどね。そういうときは。

 

すごい奴をすごい奴だって認識出来るくらい、努力したい。

BLUE GIANTを読んで改めてそう思いました。

 

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)