読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのアプリけいかく

f:id:gevvoihorry:20160529041939p:plain

 

先々月から隙間時間を見てはアプリを作ってるんですけど、実はこれ、ちょっとした目標があるんです。

 

それはあれ。

 

考えたアプリをすぐ形に出来ること

 

今はまだ知識が乏しくて、全然思ったことが出来ないんですよ。そのときの自分の力量で出来るものを作ってます。

ようは最終的にコース料理みたいなものが作りたいんですよね。んで今はスープ、前菜といったものを1つずつ練習してる感じです。

  

☆☆☆

 

そんな状態なので、作るアプリっていうのも、自分の中で条件があるんですよ。それは以下の3つ。

 

① 自分が面白いと思うもの

② 時間をかけずに出来るもの

③ 勉強になるもの

 

これらを満たしてないアプリは作らないことにしています。

(まあ力量的に、作れないアプリの方が圧倒的に多いんですけどねw)

 

自分が面白いと思うもの

作るからには自分がそのアプリについて面白いと思ってないといけません。まあ、これは当たり前のことですね。

「これつまらねーよな」なんて思いながら作る人はいないでしょうw

 

しいていえば来世占いだけは、リリースしたいって気持ちが優先だったので、あまり内容がないアプリになってます。

でもとりあえずリリースしたことで沢山勉強になりました。

ダブルクリックしか知らなかった僕がたった1ヶ月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと - ホーリーの普通の日記

 

時間をかけずに出来るもの

クオリティの高いものを作りたいので、時間をかけずにポンポン作ってます。リリース優先で。

それ逆じゃね?なんて言われそうですが、リリースするたびに自分の実力が上がると思うので、そのリリース数をとにかく増やそうと思ってる次第です。

 

沢山リリースする→実力が上がる→クオリティの向上

 

まあこういう流れだと思ってください。

 

基本的に一週間から半月くらいで出来るアプリを選んで作っています。まあアプリの仕様をそういう風に変えるっていうか。

長時間かけてめっちゃ納得出来るものを作ったとしても、まあ大したことにはならないんですよ。サクッと作るものと比べても五十歩百歩でしょう。

だからサクサクとリリースすることにしています。この辺はブログのそれと同じですね。量が質に転化するっていうか。

 

勉強になるもの

実はこれが一番大事だと思っています。もちろん作ったアプリが多くの人にダウンロードされて、それでお金が入ってきたら最高に嬉しいですが、今の目標は実力UP、コース料理を作れるようになることなので、なにを置いてもまずはこれなんですよ。

(そうは言っても、「このアプリがメガヒットして金持ちじゃー!!」って妄想は、毎度毎度していますw)

 

なので、自分が出来る範囲のアプリは作らないようにしています。実力の範疇に収まるアプリっていうか。

今の自分の実力より、ちょっと高いところを作らないとしょうがないんですよ。成長しないから。

7割は出来るけど、残りの3割は未知数、みたいなのがちょうどいいですね。

 

でも未知の部分を作るのって、結構精神的に負荷がかかるんですよ。検索しまくってなんとかする感じなんで。

歳とってからの勉強ですからね。マジしんどいです。

 

んで、これが大きすぎると挫折しちゃうんで、ちょうど3割くらいを目安にしています。

例えば「パワハラ上司をどつき回せ」のときは、1人のキャラを出すことは出来てたんです。そのときの知識で。でもそれを3人にするのは自分の中で未知でした。

意外と簡単そうなんですが、それひとつやろうとするだけで、地味に悩むんですよ。

 

んで、こういうことが自分を成長させると思うので、勉強になるアプリを選んで作ってます。てか技術的に得るものがないアプリは作らない、て感じですかね。

 

最後に

最後にこれからのアプリ計画について書いておきましょう。誰も関心ないでしょうが、とにかく書いておきますw

 

物覚えが良くないんで、教科書で読んで学習しても、すぐに忘れちゃうんですよ。

だから教科書を読み進めたら、そのときに作れるアプリを作るようにしています。こうすると知識がちゃんと身に付くんですよね。僕の場合は。

 

例えば上記の「パワハラ上司をどつき回せ」は、教科書でモグラ叩きの作り方を勉強して、すぐに作ったアプリです。

んで「オッサンよけろ」なら、これはスラロームゲームっていうのを教科書で見て、それから作りました。

 

実力上げたい→教科書読む→そこに書いてるアプリをパクる→ばんばんリリースする→実力UP→ついでにお金も入る

 

ええ、実はこういう夢のような計画を立ててるんですよ。僕。

今はiPhoneのゲームアプリをつくろうって本を端からパクってる状態で、これが終わったら、SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミングって本を端からパクろうと思っています。

 

以上、これがぼくのアプリけいかくでした。