プロ野球選手がストラックアウトでパーフェクト達成出来ないのはなぜだろうか?

 

Sponsored Link

 

 

先日の昼下がり、公園でボケーっと一服しながら鳩に餌やってたんですけど、そしたら目の前で野球少年たちが練習してたんですよ。

一人がノックして、他の数人がそれを取り、バックホームする、みたいな練習を。

 

中学生だと思うんですよね。名もなき中学のレギュラーメンバーなんだと思います。

 

しかしこれ、見てたら結構上手いんですよ。名もなき中学のレギュラーメンバーであることは間違いないんでしょうが、それにしても上手い。

フライやゴロでノックを打ち分けるのはもちろん、各個人の返球もかなり正確でした。

 

んで、ここで思ったんですよ。

 

名もなき少年たちでもこれだけ上手いのに、なんでプロはストラックアウトでパーフェクトを達成出来ないんだろうかと。

 

f:id:gevvoihorry:20160204065419p:plain

(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lClycbmWmYg

 

ストラックアウトってあるじゃないですか。この1〜9番の的を射抜くやつ。

これプロが挑戦しても、なかなかパーフェクトが出ないのが、不思議で仕方ありません。

 

だって、野球少年ですら、相手の胸元に正確に送球するんですよ?

それがプロの、ましてや投手なら、このくらい全部射抜けて当然だと思うんですよね。

 

試合のようなプレッシャーはないし、なにより全力投球じゃなくていいんですよ。球を置きにいったっていいんです。

そういう状況にも関わらず、なんでパーフェクトを達成出来ないのかと。これほんとになんででしょう?

 

スポンサーリンク

 

 

さあ、そこで自分なりに仮説を考えました。

 

プロは意外とノーコン説

 

もうね、仮説と言いながらも、実は真実だろうと思ってます。

そう、プロって実はノーコンなんですよ。

 

たまに野球中継見ると、解説の人が言ってるじゃないですか。今のは球一個分外してきましたねって。

 

うん。

 

これ思いっきり嘘ですよ

 

人によっては球半個の出し入れをするとか言いますけど、あんなもん思いっきり嘘でしょう。ウソップですよ。

あのストラックアウトが当たらないのに、球半個どころか1個のコントロールもありますか。

 

ストライクゾーンに入ればいいやと思って、祈りながら投げてるのが、僕はプロ野球の真実だと思います。

 

だから変化球にいたってはヤバイですよ。

どこに行くか分からない変化球はナックルだけじゃないんです。

むしろ全部の変化球がどこに行くか分からない。

 

あれは相当荒い球ですね。ただでさえコントロール効かないのに、さらにそれを曲げてまおうっていう荒々しさ。野蛮ですよ。変化球は野蛮。

 

うだらぁああ!!!

 

って言いながら適当に投げて。

 

うおりゃぁぁああ!!!

 

って言いながら適当にバットを振り回す。

 

プロ野球っていうのは、つまりこういうスポーツなんでしょう。