noteが流行ってるみたいだけど、改めてメルマガはコスパがいいと思う

 

Sponsored Link

 

f:id:gevvoihorry:20160317181544p:plain

 

知ってる人は知っている、知らない人は全く知らない話でしょうが、最近巷ではnoteなるものが流行ってますな。イケダハヤトさんやはあちゅうさんを中心に、noteの波が来ています。

ザックリnoteについて説明すると、これは文章や写真、音楽や映像を公開できるプラットフォーム(場所)ですね。んで、無料でも公開出来るんですが、有料にも出来るんです。自分で値段を決めて。

(いつものことですが、詳しいことは自分で調べてねw)

note ――つくる、つながる、とどける。

 

ブロガーによっては、今日まで全て無料で記事を公開してたのをやめて、一部はnoteで有料販売を始めてるとかなんとか。

我らがイケダハヤトさんは、早速200万くらい、このnoteで稼いでいるはずです。年明けから今日までで。確か。

 

んで、LINEの田端さんや、The Startupを運営する梅木さんなどは、1記事で100万くらいカマしてましたね。

そのくらいnoteのビッグウェーブが起きつつあります。

 

んで、ここで思ったんですよ。

 

メルマガって最高にコスパがいいなと

 

noteの値付けを見ていて、改めてメルマガのコストパフォーマンスの良さに気付いた次第です。

 

まだまだ黎明期なんで、価格設定のラインが見えてきてないんですよ。noteは。

最初は1記事100円くらいでみんな出してましたけど、最近は5千円〜1万弱のもありますね。

まあ高額な分、書籍みたいな内容だったりもするわけですけど。それはボリュームも含めて。

 

んで、その点メルマガは、だいたい1ヶ月800円っていうのが多いんですよ。有料メルマガだと。

僕が読んでるメルマガは、確か全部そうですね。1ヶ月に4本、つまり週一配信で800円です。

 

これ、今日までメールマガジン読んだことないって人は、ぜひ一度読んでほしい。マジでいいですから。

ようするにメールで雑誌的な内容が送られてくるわけです。メールマガジンっていうのは。

 

一番有名なのは、ホリエモンこと、堀江貴文さんのメルマガですね。

堀江貴文のブログでは言えない話

 

これはメール3通に分かれるくらい、大ボリュームのメルマガです。

しかも購読していれば、毎月堀江さんが質問に答えてくれるんですよ。

いわゆるQ&Aのコーナーが名物です。

200円で質問できるって、これヤバイですよ。

 

ただ、もちろんこのメルマガもいいんですが、僕のおすすめはこれです。

 

ブラックメルマガ

 

ステーキけんの創業者、井戸実さんのメルマガですね。

<ロードサイドのハイエナ> 井戸実のブラックメルマガ

 

4年で100店舗、んで5年で200店舗出したっていう、本人の実績もヤバイですが、それ以上に毒舌が半端ないです。それゆえのブラックメルマガですよ。

 

飲食関係の人はもちろん、そうでない人にもぜひ読んでもらいたいですね。

確か読者数は2000人くらいだったと記憶してるんですが、クオリティの割に全然少ないです。

自分の知り合いなら、とりあえず初月の購読料を肩代わりしてもいいんで、マジで読んでみてください。

 

noteの価格に引っ張られてメルマガも上がるのか、はたまたnoteもメルマガくらいの価格に落ち着くのか。

まあそんな場所に注目してたり、してなかったりします。

noteってどんなプラットフォームになってくんだろうとか、メルマガって形はいつまで存続するんだろうとか。

 

まあなんにせよ、メルマガのコスパはいいって話でした。