日常生活に溢れる細かい違和感。これを気にしない人とは一緒にいれん

 

Sponsored Link

 

 

普通に生きてたら、毎日が違和感だらけだと思うんです。それは満員電車しかり、無駄な会議しかり。

まあこういうことは大体の人が分かると思うんですが、もっと小さいことがあるじゃないですか。そういう細かいことが気になって仕方ない。

 

これは今日の話なんですが、中華屋に一緒に入った知人がチキンライスを頼んだんです。

て、まあここまでは別になにもありませんよ。ただあれなんです。

 

その知人の服の色はチキンライスと一緒だったんですよ

 

なんか本当同じオレンジの。これが僕にとってはありえない。これが自分の彼女なら、この場で即別れてます。これマジで。

この辺がおかしいと感じる人、違和感を持つ人でないと、正直一緒にはいられません。

 

で、この中華屋がまた変わった店で、日替わりメニューの表記がおかしいんですよ。これ2種類あるんですが、なんでだか「定食」と「別定食」なんです。

これセンスゼロじゃないですか。普通にA定食とB定食とか、こんな感じでいいでしょう。よりによって、定食と別定食っていうのは、どう考えてもありえません。

 

で、これを考えた中華屋のご主人と合わないっていうのは、これもちろんなんですが、もっと言いたいのはあれなんですよ。

 

この別定食を真顔で注文出来るやつとは仲良くなれん

 

てことなんです。

 

別定食っていうおかしなワードを、普通の顔で発声出来るような人とは、マジで仲良くなれません。いや、なりようがない。

この辺の細かい違和感を感じれない人は嫌いなんですよ。同じ日本人として考えられません。