読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想いを形にしたい

 

想いを形にしたい。

そんな気持ちで株式会社コラッピを立ち上げました。

まあだから、これが企業理念てやつになるんですかね。そう言うと、なんだか気持ち悪いですけど。

 

しかしこの「想いを形に」ってのも、非常にありきたりですよね。「想いを形に」とか「思いをかたちに」でググったら、たくさん出てきましたよ。なんてチープな言葉なんだ。これ。

 

んでもこれは自分の正直な気持ちなんですよね。残りの人生が2ターンて考えたら、とにかく自分の想いを形にしたいです。もうそれしかない。

俺屍のやりすぎで死にそうだ - ホーリーの普通の日記

(残り2ターンて話は、ここに書いてあります)

 

想いを形にする。結構ザックリした言葉なんで、これを具体的に言うとこういうことです。

 

考えてることを行動に移す

 

まあこんな感じで解釈してください。

 

人生って、もう行動してなんぼだと思うんです。んで、ほとんどの場合考えただけで終わるんですよ。実際の行動には移さずに。

そんなことって多くないですか?あれやりたいって思っても、実際にやることなんて稀でしょう。

 

僕は最近まではそうでした。漠然とこんなことしたいなって思うことはあっても、行動には移してなかったんです。

でも人生の有限感みたいなのが芽生えてからは、もう行動せずにはいられない。そう思ったんで、もうやりたいこと全部やろうと思ってます。

そのためにコラッピって会社を作りました。ここで実現します。

 

で、想いを形にっていうのは、なにも自分のことだけじゃありません。

 

お客様の想いも形にしたいです

 

今手がけてるコラッピブックでも、これを強く思いますね。

 

お客様は、絵本の主人公になる子の親御さんであったり、お祖父様、お祖母様であったり、ご友人であったりするんですが、そこには少なからず愛があるんですよ。

コラッピブックを贈る際の動機には、愛が含まれてます。僕はいただく写真から、それを感じるんですよね。

 

んで、そういう愛の気持ちを「絵本」ていう形にしたいんです。

 

お客様の想いも形にするっていうのは、まあこういう感じですね。こんな風に形にしていきたいです。

 

自分の想いを形にする。んでその周りの人の想いまで形に出来たら最高だと思います。