通勤快速大作戦@原付

 

Sponsored Link

 

f:id:gevvoihorry:20150629123948p:plain

 

 

基本的に職場と家は近いほどいいと思ってます。いわゆる職住近接ってやつですね。真面目に働くのなら、この環境が最高です。

そもそも、通勤に時間をかけるなんていうのは、愚者の極みです。全くもって愚かな行為なので、今すぐにやめましょう。

 

長時間の通勤をする人は、電車の中で本が読めるから〜、とか言いますが、それは家で読んだほうがいいに決まってます。

暑苦しいオッサンと密着しながら読んでも、あんま頭に入らないでしょう。

家で1人優雅に読んだほうが、何倍も頭に入るってもんです。

 

さあ、ここまでプッシュしたい職住近接ですが、やっぱ一番のネックは家賃ですよね。

都心に住むことで倍になっちゃう、なんてこともあるでしょう。

 

いやいや、その分仕事を頑張れば、そのくらいはすぐに稼げるようになるから。

なんて風にいつもは言うんですが、今日は現実的な話をしたいと思います。

 

☆☆☆

 

職住近接って言いますが、ようは職場まですぐに行ければいいんですよ。

1時間以上かけるのが無駄って言ってるだけで、20〜30分で着くのなら、別にいいんです。 

 

で、ここで思いついたのが原付を使った通勤快速大作戦。

 

バス専用レーンってあるじゃないですか。あれが職場の近所にある人は、是非ともこの作戦を取り入れていただきたい。

パッと思いついたところで言うと、青梅街道、目白通り、春日通り。

だから職場が新宿だったり、神田だったりする人は、これから言う作戦が使えますね。

(ちゃんと調べれば、他にも使える人は沢山いますよ)

 

運転をする人ならば知ってると思いますが、朝のバス専用レーンはめっちゃ空いてます。なんせバスしか走っちゃいけませんからね。

普通は7時半〜9時とかなのかな?その時間帯にガラガラになってるんです。

 

んで、この専用レーンを唯一走れる例外が原付なんです。原付だけは走っていいことになってます。

そこでこの通勤快速大作戦@原付ですよ。さあ、具体的な話をしましょう。

 

☆☆☆

 

例えば職場が新宿だったとしましょう。バリバリ仕事したいから、本当は近所に住みたい。でも家賃が高い。そんな人はあそこに住みましょう。

新宿から青梅街道下り〜の、環七越え〜の、五日市街道入り〜のした辺りに。

 

全然調べてもいないんですが、多分あの辺は安いでしょう。マジでなんにもないですから。

んで、そこに部屋を借りて、通勤には原付を使います。

原付も安いですからね。10万あれば買えます。んで免許も1日で取れると。

 

さあ、ここまで揃ったら出勤ですよ。

僕の見立てだと、この五日市街道の辺りから新宿までは15分くらいです。ガラガラのバス専用レーンを原付で走れば、そんなもんでしょう。

 

家賃安い。原付安い。職場まで速攻と。

 

どうでしょうか?家賃を抑えながら職住近接を実現するには、この方法がなかなかにナイスだと思います。

 

明日から試してください。