UFOよりペヤング、どん兵衛より緑のたぬきが好きです

 

Sponsored Link

 

f:id:gevvoihorry:20150822190105p:plain

 

ペヤングが復活して久しいですね。こないだ食べましたけど、やっぱ美味いです。ペヤングに間違いなし。もう二度と過剰な自主回収なんてやってほしくないですね。ほんとそう思いました。

 

んで、この「カップ焼きそば」ですが、二大巨頭は「UFO」と「ペヤング」でしょう。

僕はタイトルにある通り、ペヤングの方が好きなんですよ。

いやもう圧倒的に好きですね。ペヤングが圧倒していると思っています。

 

そもそもの話、UFOは焼きそばを目指してるじゃないですか。本格的な焼きそばの味を出したがってるでしょう。

あわよくば、俺は焼きそばになりたいって魂胆が見え見えだからこそ、好きになれないんですよね。あれはない。

 

反対にペヤングは、自分が焼きそばでなくて「ボイルそば」だってことを、ちゃんと分かっています。

焼いてないもん。ボイルだもん。どこまでいっても焼きそばにはなれないんだから、俺は俺の味を出すぜ。って心意気がビシバシ伝わってきます。

 

だから僕はペヤングが好きなんですよ。自分の領分をわきまえた上で、最大限の努力をしていると思います。

 

んで、これ同じことが「カップそば」でも言えるんです。

カップそば二大巨頭と言えば、「どん兵衛」と「緑のたぬき」だと思いますが、僕は「緑のたぬき」の大ファンです。てかもう、どん兵衛なんて眼中にないですね。そのくらいの位置関係にあります。

 

同じ日清だからか分かりませんが、どん兵衛もUFOと同じように、本格派を目指してるじゃないですか。あわよくば「蕎麦」になりたいっていう。

「あと乗せのサクサク」とか、マジどーでもいいんですよ。僕がほしいのは、インスタントならではのグズグズ感なんです。あれなんかはまさに、インスタントだからこそ出せる「味」でしょう。

 

「ピン蕎麦」どうのこうのも、マジでどーでもいいんです。僕がカップそばに求めてるのは、いかにもって感じの、ちじれ麺ですから。

 

本格的な蕎麦が食べたかったら、食べに行きますよ。

そうでないんだから、インスタントっていう領分を超えない「緑のたぬき」が大好きです。

 

本格派には本格派の、インスタントにはインスタントの美味しさがあると思います。

 

そこをまたいではいけません。